予備校選びで成績アップ|国語から英語まで身につく人気予備校の力

先生と生徒

受験勉強の方法論の大切さ

志望校への受験合格を手に入れろ!予備校で大切な英語を学ぶなら、指導力の高いところを選びましょう。徹底比較が一番大事。

有効時間を過ごせます!自習室を新宿で探しているアナタに必見情報です!勉強も読書もご自由にどうぞ。快適な空間はココにありますよ。

塾

受験勉強と聞くと嫌なイメージを抱く人も多いと思います。しかし、受験勉強で学んだ方法論は、大学に行ってからも社会に出てからも役に立つ一生もののメソッドなのです。そのメソッドとはずばり、「ゴールから逆算する」事。つまり、まず過去問を見て出題傾向を掴み、配点の多い所、必要な所から中心に勉強していく…というものです。この方法論に高校生のうちから気付くのは中々難しいです。ですが、予備校に通えば無意識のうちにこの方法論が身に付きます。なぜなら予備校は試験対策の観点から必要な事のみを教えてくれるので、知らず知らずのうちにこの方法論で勉強していく事になるのです。この方法論を知っているか否か、あるいはこの方法論で勉強しているか否かの効果は、特に英語で顕著に表れます。

たとえば学校の英語は、リーディングとグラマーに分かれていて、リーディングで教科書の本文を読み進め、グラマーで文法問題集を解いていくといったカリキュラムが一般的です。しかし、現代の受験英語は「大量の英文を素早く読み進め、理解できるか」という能力が問われており、長文の分量の増加と文法語法問題の配点の低下が顕著です。リーディングではクラス全員で少しずつの英文を読むため大量に読む事が出来ず、またグラマーで学ぶ文法も、文法問題集で学ぶために、長文では問われない知識の暗記に終始する事が多いのです。そして困った事に、長文と違って文法問題集は見た目の成果が出やすいため、英語の苦手な生徒は単語と文法ばかり勉強し、長文を読まなくなってしまいます。その結果、配点の低い文法だけ出来て配点の高い長文は点が取れないままとなってしまいます。しかし予備校ではゴールから逆算し、長文読解に必要な文法を優先的に教えてくれ、また長文読解の必要性も教えてくれるので、自然と配点の高い長文が得意になります。予備校で学んだ方法論に気付き、使いこなせれば、大学でも社会でも成功できるようになるでしょう。

苦手分野の最短ルートか

勉強

個別指導塾では先生と生徒との距離が近いことで生徒の要望を聞いてくれる。言い換えれば、授業に柔軟性がある。しかし、悪い点は生徒自身のやる気に内容が左右されがち。本人が自分の弱点をきちんとわかっていなければ望むような結果が出ないこともある。

詳細を読む

小中学生向けの受験指導

授業

名古屋には中学や高校の数が多数あり、中学受験や高校受験へのニーズも多様です。そして数多くの塾の中から子供に適した教室を選ぶためには、体験授業の活用が便利です。また授業を受けるだけではなくて、面談を通じて情報も活用するのが賢い方法です。

詳細を読む

新しい学校の形

勉強

元々はさまざまな理由で登校ができない、もう1度学習しなおしたい、といった方の通う学校だった通信制高校ですが、現在はそれまでに躓いてしまった子供が通うことが多いように思えます。東京都など都市部にはたくさんの学校がありますが、支援が充実するのも遠くはないでしょう。

詳細を読む